東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

皆さんこんにちは神戸市東灘区にある岡本駅前整骨院です。ようやく冬も抜けて暖かな日々が待ち遠しいですね。
この時期は花粉症でお悩みの方も多いので、ただただ暖かくなりうれしいという訳ではない方もいると思いますが・・・・。

本日は春から身体に出やすい負担についてお話していきます。整骨院の現場で身体に関わっていると、
季節によって負担を訴える身体の箇所の分布がそれぞれ違う事に気づくことがあります。
これからの時期 冬~春では、首から肩に負担を訴える方が多いように感じています。
これは、気温と気候の変化により、首の筋肉の緊張や、頭蓋骨を構成する骨の微細な動きが関係してくるものと思われます。
頭蓋骨とは23個の骨のパーツから成る立体パズルのようなもので、
それぞれの骨がごくごくわずかに拡がったり縮んだりを繰り返し脳脊髄液を全身に循環させるポンプの機能としてあると言われています。
このリズムを一次呼吸リズムと呼ばれており、これはBJアプレジャーというアメリカの医師が見つけたものになります。

この一次呼吸のリズムの乱れが起こりやすいのが冬~春の流れに感じます。
これは頭蓋骨を包む帽状腱膜の緊張や側頭骨に付着する胸鎖乳突筋の緊張が緩むことで一次呼吸リズムの制限が緩和して、
頭蓋骨の骨片パーツ同士がかみ合って動きにくい部分が残った場合にそうなる傾向があります。
すべての人に当てはまりませんが、左側頭骨の動きが悪くなっている場合に不調が現れやすいようにも感じます。
冬は縮む 夏は緩む という流れの中で季節と共に変化していく身体ですが、
どこかにこわばりが出ると不調も出てしまうようです。
当院は頭蓋骨に対して直接アプローチを掛けることはありませんが、背骨の歪みを整える整体を介してそういった不調が好転する方もいらっしゃいます。お悩みの方はお気軽にご相談くださいね。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP