東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

新しい年を迎え、年始になり仕事が始まり忙しい日々を送られているという人なども多いと思います。仕事で、1日中ずっとパソコンに向って仕事をしていると、首や肩に負担がきて段々腰も痛むし、夕方になるとよく頭が痛くなる。毎日何となく不調な日が続いている。接骨院などに行ってみても、その時はスッキリするけど、またすぐに体が痛くなるなど、どうしようもないつらさを抱えている人は多いのではないでしょうか。このような症状に悩まされている人の多くは、実は寝ているときの姿勢が悪いということがよくあります。仕事でパソコンを使う、料理をする、スマホを見たり、本を読んだりするなど、これらの行動の共通点は、首を前方に突き出していたり、下を向いていたりすること。これが首に負担をかけ、本来首の骨にあるはずの曲線を失わせてしまいます。首の前傾がなくなりが真っすぐになることで、自然な曲線がなくなってしまうと、背骨にかかる負担に対して全身の関節が無理にバランスを取ろうとし、全身の痛みを招いてしまいます。体の歪みは、骨格に付いてしまう癖のようなもので、1度や2度、施術を受けてみても根本的な解決にはならず、その癖は取り除きにくいです。そこで、毎日無理なく続けられるのが、「寝るだけ整体」というものです。寝ている間の姿勢を正すことで、骨や筋肉のゆがみを取り除き、もとの健康な状態に戻していく方法です。毎日7~8時間の睡眠を取っている人であれば、1日のうちの約3分の1の時間を正しい姿勢で過ごせるようになります。「寝るだけ整体」のやり方は簡単。首の下にバスタオルで作った枕を置いて、仰向けで寝るだけです。首の曲線をキープして寝ることで、首にかかる負担を少なくし、寝ながら本来の曲線を元通りにしていくことで首や背骨の歪みを取ることが出来るので、ぜひ皆さんもやってみましょう。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP