東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

身体の柔軟性は人によって個人差がありますが、身体が硬いと普段の日常生活や
仕事をする時、スポーツをする時などに痛みを感じてしまう事があります。
また、身体が硬い=筋肉が硬い。ということになります。そのような人は筋肉が十分に
伸びずに動きにくくなります。ですから、おもいきり、身体を動かすことができなくなり、その結果、身体を動かす機会が減っていきます。そして運動不足はさらに筋肉を硬くさせるので、ますます動くのが面倒になっていくという太りやすい悪循環を作り出しているのです。
身体が硬い人はストレッチなどしたりする人が多いですが、ストレッチをする際のポイントについて話していこうと思います。効果的に柔軟性を付けていくためには、ストレッチをする前に
お風呂に入って身体を温める事が良いです。①38度くらいのぬるま湯に浸かって血行を良くする。②身体が冷えないうちに硬い関節周りや筋肉のマッサージをしてほぐす。
このように行う事で血液の循環が良くなりストレッチ効果も出てきます。
日常生活や仕事などで忙しい人も気軽に出来て良いと思います。
また、身体が柔らかくなる食べ物としては、クエン酸が良いと言われています。
レモンや柑橘類などが、血液をサラサラにして代謝をアップすると言われています。特に、黒酢はクエン酸以外の栄養も高いのでオススメです。身体の柔軟性を付けるためにもストレッチとクエン酸を含む食事を摂取していきましょう。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP