東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

今回は「枕と自律神経、睡眠について」お話させていただきますね。

自律神経が乱れると睡眠に影響が出やすいですがそもそも自律神経が乱れる原因として普段の姿勢の悪さや、枕が合っていない事が多いです。枕が合っていないと寝ている間に首から背中にかけての筋肉が緊張してきます。首から背中には自律神経が集中しているので首から背中の筋肉が緊張することにより自律神経が乱れて眠りにつきにくかったり、すぐに目が覚めてしまったり、熟睡しにくくなります。首から背中のなかでも、副交感神経のセンサーは首の後ろにあり、睡眠時の夜になると自然と働かなければいけないはずが、枕が合わないせいでリラックス出来なくなることが多いです。人間のお身体は睡眠時に回復しますが十分な睡眠が取れていないと回復力も落ちてしまうので、普段の姿勢やを細かく意識したり、自分に合った枕で自律神経の乱れを防いでいきましょう。

当院では、お身体でお悩みの利用者さんや定期的なメンテナンスでの利用者さんがおられますのでお気軽にご相談くださいね。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP