東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

身体の不調は、背骨の歪みからというタイトルの記事を見ましたので、その感想をいち柔道整復師の視点からみた感想を伝えてみようと思います。まず、体の不調を感じる時には、身体を動かす時、仕事をする時に働く神経と食事をする時、寝る時など比較的ゆっくりするときに働く神経の2つの神経のバランスが崩れることが原因です。

この身体を休める時に働く神経は、比率でいうと55%ぐらいの割合で、安定している時が身体が楽に感じるそうです。しかし、夜遅くまでの残業や、スマートフォンの画面により目が覚めた状態のまま寝ようとすると、身体は仕事するぞ!という状態で寝るわけですから、翌日までに疲れが取れることはありません。朝に起きた時にすっきりしないなど、感じている方はそのような状態になっている可能性が高いです。

では、なぜ自律神経が乱れるかと言いますと、冒頭での話になるのです。背骨が歪むと自律神経も歪みのある部分で圧迫を受けますので、結果、自律神経が乱れ、疲れやすく、ダル重い状態から抜け出すことができないループに陥るのです。身体の不調はいつから現れるか分かりません。ですので、何事にも早めの対応が必要になります。寝ていても、座っていても背骨は歪みます。ですので、不調を感じる人は年々増えているのです。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP