東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

みなさん、こんにちは。神戸市東灘区にある岡本駅前整骨院です。

温かい日も増えてきました。みなさんの服装も薄着になる頻度が多くなっていらっしゃるのではないでしょうか?今後真夏に入るまでの2カ月ほど腰を痛める方が大変多くなります。

日中の気温が上昇することで薄着になる→夜の冷え込みで筋肉が冷える→明け方の体温低下による筋緊張→洗顔などの中腰姿勢による負担

という流れが痛みを発症するおおまかなながれになります。

また、6月も梅雨のタイミングで湿気と日差しの減少により体感よりも体や筋肉は冷えやすくなっています。実はこの時期の身体は真冬よりも冷えやすくなっているのです。

それは、汗の蒸散作用によるものも大きく更に、汗のついた状態で冷房のかかった環境にいく事で一気に身体が冷えることもあります。

朝晩は長袖を羽織り、潜在的に冷えてしまう事を防ぐことがポイントになってきます。

この点に留意してお過ごしいただけると筋肉の冷えと緊張から腰や背中を痛めるリスクは減ってきます。あとは、睡眠時の寝巻にも留意すると起床時の身体の冷えを防ぐことができます。

人によっては5~6月くらいから半そで、短パンで寝る方もいらっしゃいますが、これにより、睡眠時の身体を冷やしてしまう方が多くなっています。

この点では身体の70%の筋肉量がある下半身を冷やさないことがポイントになりますので、この点は真夏までは下半身は長い裾の物を履かれることをオススメしますし、その方が起床時の身体の冷えもコントロールできます。

定期的に腰を痛めてしまう懸念のある方は参考程度に取り入れてみてはいかがでしょうか?少しでも痛みがある方はひどくなる前にお気軽にご相談ください。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP