東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

当院に来られている方の中でも、脚を細くしたくてジムに行って筋肉をつけようとしている人が多いです。でも、なかなか細くならない方はいますし、逆に太くなってきたという人がたまにいますよね。それはなぜなのか。まずは、脚が細い人と太い人との日常生活の中での過ごし方の違いを紹介していきますね。

1、 運動していない。お仕事でどうしても座りっぱなしが多くなかなか筋肉を動かすことが出来ていない人が今の時代は多いです。その中でも、脚が細い人はすぐ電車に乗るのではなく、一駅先まで歩いたりエスカレーターを使わずに階段を使ったりしていることが多いです。

2、 姿勢が悪い。姿勢が悪い人は、使える筋肉が少なくなりますし、血液の流れも悪くなってしまいます。そうなる事で身体の代謝も下がってしまいます。ですが、日頃から姿勢の良い人は使える筋肉も多いですし血液の流れも良いので代謝も悪い人と比べると良いです。

3、 股関節の柔軟性がない。股関節の筋肉の柔軟性がないと使える筋肉が少ないのでどうしてもお尻周りや内太ももに筋肉ばかりが付きやすくなります。そうなると筋肉太りになってしまうので脚が太くなってしまうのです。なので、股関節に筋肉の柔軟性がある人は使える筋肉が多いので均一に筋肉がつき脚が細くなりやすいのです。

皆さんも、すぐ筋肉を鍛えなきゃと思うよりかはしっかりと日常生活と向き合って自分には何が足りないのかを知ってから始めてみてはいかがですか?

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP