東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

今回は、背骨の歪みと姿勢について説明していこうと思います。まず全身の不調にもつながる背骨の歪み。根本的な原因は、習慣による姿勢の乱れ、偏った筋肉の使い方、筋肉の疲労などが蓄積したためと考えられています。さて、背骨が歪んでいると、どのような悪影響が出てくるのでしょうか。まず、背骨がと、当歪むと当然ながら姿勢に変化が現れます。姿勢が悪くなるということは、背骨や骨盤などの位置や、筋肉のバランスが崩れているということですから、健康への影響も大きなものがあります。例えば、背骨や骨盤の位置がずれることで、内臓が圧迫されたり、血流が悪くなったりして、内臓機能の低下につながります。その影響で、消化不良、生理不順、代謝の低下など、さまざまな症状が現れてきます。さらに、筋肉のバランスが崩れて、不自然な力の入り方をするようになると、肩の痛みや頭の痛み、腰の痛みなどを引き起こすこともありますので、普段の姿勢には気を付けなければならないことがよく分かります。このような背骨の歪みを予防するには、運動やストレッチするなどをして筋肉に柔軟をつけることにより、血行を促進し、身体に十分な栄養素などを送ることで身体にかかる負担を減らしていき、背骨が歪まないようにしていきます。将来、身体の事で困らないように今回は背骨の歪みと姿勢について述べさせてもらいました。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP