東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

股関節を動かすと音が「コクン」と鳴る事がないですか?その原因としては、筋肉の緊張が強くなることにより股関節の中にある空洞が狭くなったままの状態で動かすとその弾みで音が鳴るのです。そのままの状態をほっておいてしまうと後々痛みが出てきたり、動きにくくなったりすることが考えられます。なので、音が鳴っている時から早めに筋肉の柔軟性を出していく事が重要になります。

股関節の音には種類があります。関節の中の音と関節の外の音です。まず、関節の中で音が鳴っているという方は、腸腰筋の中の腸骨筋という筋肉が原因でなっている可能性が高いです。その筋肉は、腹面側の骨盤から大腿骨にかけてついています。その筋肉がバランス崩すと立ち上がる時や歩く時などに大きな影響が出る可能性があります。また、姿勢が常に腰が丸まっている状態にもなるので腰にも大きな負担がかかり腰の痛みにもつながることもあるのです。

腸腰筋(腸骨筋)のストレッチはまず、伸ばしたいところとは逆の足を歩幅より大きく前に出します。体幹は、しっかりと背筋を伸ばしたまま状態でお尻を前に押し出すような感じでします。それだけでも腸腰筋(腸骨筋)の筋肉の柔軟性になるのでやってみてくださいね。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP