東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

今回は股関節の痛みについて述べていこうと思います。重労働な仕事をしている人やスポーツなどをしている人で痛みを訴えるひとが多いです。まず、皆さんは股関節と言われたら股間の辺りを連想する人がいますが、実際はもう少し奥のお尻に近いあたりで、太ももの骨が骨盤と接する部分が股関節の位置になります。そのため股関節に障害が起きるとお尻や太もも、腰などに痛みが起こります。また歩き方などにも影響が出て、膝への負担も増えていき片方の足に重心がかかる事で、骨盤がずれていき、姿勢自体も悪くなります。また股関節は日常生活の動作に関わる大切な部分です。歩いたり、階段を上ったり、椅子からたったり、ジャンプをしたりする動作は股関節の働きにより行えるものです。ゴルフや野球をする際は、腰を上手く使う事が大切ですが、股関節の柔軟性も必要になってきます。ところが股関節やその周囲の筋肉が硬くなったり、筋肉が弱くなったりすることで痛みが出たり、柔軟性が落ちることで、歩幅が狭くなったり階段が上りずらくなったりします。そのような障害が起きないようにも、日頃から適度な運動をするなどの予防が大切になってきます。
以上、簡単ですが股関節の痛みについて述べさせてもらいました。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP