東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

最近テレビなどで筋膜という言葉をよく聞くようになりました。この筋膜というものは筋肉を包んでいる袋でそれ同士は連結しています。みかんやオレンジの果肉を筋肉としたら、その房が筋膜であると想像していただけると、わかりやすいかと思います。

この筋膜の研究が進んできたことにより、今まで、経験則で効果のあったポイントが筋膜連結の解剖図によりエビデンス(再現性)に基づいたポイントに変化してきています。

筋膜連結の図などを見てみると鍼灸の経絡などとほぼ同じ流れでそれを確認できます。更にこの筋膜は腹膜という内臓を包んでいる膜とも連結しています。鍼灸や整体で身体のパーツにアプローチをかけることで疾患が緩和する方々はこういった筋膜~腹膜の連結と、それぞれの緊張によってストレスがかかっていたことが背景として考えられます。

この筋膜の連結は身体を包むボディスーツとしても考えられます。筋膜に包まれた筋肉の集合体=身体 と考えるとその真ん中で身体を支えているのが背骨になります。筋肉の緊張が続くとボディスーツに囲まれた背骨が傾いていくのは必然です。そして、傾いた背骨に付着した筋肉の緊張は筋膜を通して他の部位の筋肉にも連鎖していきます。こういった筋肉の緊張を緩めるキーワードとして最近では筋膜リリースという言葉がもてはやされていますが、当院の施術では主に現代の生活習慣で負担のかかりやすい筋膜のつながりに狙いを定めたポイントに施術をしています。結果その筋肉のつながりは緩みます。身体にかかる負担も緩和していきます。緊張した筋膜の解放=筋膜リリース です。

私たちの施術では緊張している筋肉の状態を緩め、更に背骨を整える事で背骨が身体を支えられるように促し、結果筋肉に負担が出ないように再構築していきます。どうしても日々の負担で筋肉≠筋膜に緊張も出やすいので、お悩みの方は是非お気軽にご相談くださいね。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP