東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

人の平均の睡眠時間はだいだい6時間から7時間がいいと言われています。でも、現代の人は忙しさのあまり中々眠れていないところもあると思います。
また、人が回復するときは寝ている時にします。その回復力がないとその日の疲れや負担などが次の日まで残り、その次の日の負担が重なり段々蓄積されていきます。そうなると体の痛みが出来たり、しんどさが毎日のようにあったりするのです。なので、睡眠時間というのはかなり重要になります。でも、睡眠時間をしっかりととっていたとしても、中々疲れやだるさが取れない場合があります。それは、寝ている時の姿勢が悪くて質が落ちてきている可能性があります。
血液の流れや酸素の流れ具合でも身体の回復力は左右します。例えば、枕が高く、頭の位置が前に出てきてしまっている状態になっていると、首の前にある気道が圧迫されうまく酸素が身体に入りづらくなるので酸素の量が減り身体の回復力が下がります。さらに、枕が低い場合は顎が上がってしまっているので首の筋肉にずっと力が入ったままの状態になり血液の流れが悪くなります。その血液の流れが悪いまま、寝ている間ずっと筋肉に負担がかかる状態ですので回復力が下がるのです。このように、枕の高さなどでも睡眠の状態って変わってくるので意識してやってみてくださいね。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP