東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

皆さん、こんにちは。

こちら東灘区にある岡本駅前整骨院です。

 

 

蝉の声が沢山聞こえてくる夏がやってきましたね

 

今回は体内の水分をどれくらい失うことで

どのような影響が身体に及んでいるのか?

についてお話をしたいと思います。

 

 

これから猛暑になってきますので、皆さんも水分不足で悩まれる方が多いと思います

 

まず、体に占める水の量は、大人で60%と言われています

 

赤ちゃんでは80%、高齢者で50%が水分の割合です

 

見てわかる通り、体の半分以上を占める水分が多いので、

水分不足になると、それだけ体に与える影響も大きいのです

 

人は、凄く激しい運動をしてなくても、尿や呼吸、皮膚から2,3リットルの水が失われます

 

1日にそこまで水分を失うと、その分水分補給もこまめにする必要があります

 

水分補給の目安としては、1日1.5リットル水分補給できれば最高です。

 

とは言え、1.5リットル摂取するのも大変です

なので、口に水を含むだけでも変わります

 

体内の水分量の約10%(1割)を失うと危険な状態になります

 

 

水分欠乏率と体の症状

 

体重比の水分欠乏率   体 や 精 神 の 症 状

 

1%        喉の渇き

 

2%        強い喉の渇き、食欲減退、倦怠感、血液濃縮

 

4%        イライラ感、吐き気、感情が不安定

 

6%        手足の震え、頭の痛み、脈拍と呼吸の上昇、体温上昇

 

8%        めまい、呼吸困難、精神かく乱

 

10%       失神、痙攣、腎機能不全

 

 

水分の失うパーセンテージによって、危険な状態になるので

しっかりと水分摂取していきましょう

 

水分をしっかりとることで、

足が細くなったり、老廃物質を排出しやすくしたり、疲れが取れやすくなるので

最低でも500ml以上は取りましょう!!

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP