東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

本日利用者様で、「寒くて痛い。足が痛い」とおっしゃられる方が来られました。その方の痛みの出ている場所は太もも、ふくらはぎです。寒くなると上半身より下半身の方が痛みを発しやすいです。人それぞれだとは思いますが、普段着る服は上半身の方が多く、下半身の方が少ないです。上着にはダウンなどで着込みますが、下半身はタイツやパッチにズボンを履くだけの方が多いと思います。単純に考えて下半身の方が着ている服が上半身に比べて少ないですよね。腕や肩、首、腰は寒さを感じやすく、下半身は上半身に比べて寒さを感じにくいです。下半身は寒さを感じにくいだけで、気温が下がれば上半身と同じように冷えます。防寒がしっかりできていない下半身は寒さに影響されやすいので、血流が悪くなり、柔軟性が落ちて、痛みやダルさになってお身体に現れます。

 

簡単な対策として、ズボンの中にパッチを履いてみたり、もともと履いていた方は家を出る前に足湯やストレッチ、セルフマッサージをして血流を良くしてあげてください。一番取り掛かりやすいのは、セルフマッサージです。手をグーにして足首から股関節まで、正面、側面、裏面、を心地いいくらいでトントントンと軽くたたいてあげてください。それだけで血流が上がり、痛みやダルさの予防になりますよ。ぜひ試してくださいね。

 

それでも痛みが出る方は気軽に当院へお越しくださいね!!

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP