東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

最近、学生さんが膝の痛みで当院に来ました。その人は、膝の部分でも膝小僧の下の部分が膝を曲げたりすることで痛みが出ていて、階段の昇り降り、走る、正座をする事さえも困難になっています。部活は、バレーボールしているのですが膝の痛みで今は練習に参加をしていない状態です。

では、なぜその利用者さんは膝の痛みが出たのかというと筋肉の緊張がかなりきつくなってしまっているからです。筋肉の緊張と言うのは筋肉の柔軟性がなく、硬い筋肉と言う事です。その筋肉のまま運動を続けてしまうと、骨に付着している部分の筋肉が骨を引っ張ってしまい、その部分で炎症が出てきてしまうのです。さらにその状態をほっておいてしまうと、骨を筋肉がはがしてしまう事もあるのです。なので、まずは筋肉の柔軟性を出していく事とアイシングで炎症している部分を冷やしていく事が大事です。運動した後は、ちゃんとアイシングをしないと身体の防御反応で筋肉の緊張がきつくなるばかりです。そして、痛くない範囲でしっかりとストレッチをしていくことです。

当院では、その筋肉の柔軟の手助けをさせていただいてます。筋肉の施術をすることで、その部分の筋肉の柔軟性を出していく事と血液の流れも良くなるので身体の回復にも繋がるのです。さらに、膝に痛みが出ている場合はそこの部分をかばって身体のバランスが悪くなってしまっていることも考えられるので、整体もしています。整体をすることで身体の重心を真ん中に保つことで無駄な動きを減らします。そうなると痛みが出ている所の負担もそうですが、他の部分にも悪影響が出ないようにしていきます。実際、その利用者さんも筋肉の施術と整体をすることで、膝の痛みが楽になり練習も参加しているほど回復してきています。

皆さんも、このような痛みでも当院に気軽にご相談に来てくださいね。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP