東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

今回は夏の暑さから体調を崩したり疲れたりする原因についてお話させていただきますね。

まずお身体の中では、普段から様々な熱が生まれています。運動をしていなくても、内臓などの活動により絶えず熱が発生しています。多くの熱を生み出していますが体温が上がりすぎてしまった場合などは血液を指先などまで多く流したり汗をかいて熱を逃がしたりしてくれます。人間はこのように体温を自動で調節してくれる機能が備わっていますが、高温の環境に長時間いるとこの機能が乱れてしまう事があります。乱れてしまうとお身体の中の熱を外に逃がす事が出来なくなりお身体の中に熱が溜まったり、一気に汗をかいたりしてお身体の中の水分や塩分が減ってしまいます。この状態がお身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

また、体温が上がっている時に汗が出るのは体温調節できていますが、汗が出なくなった時は体温調節ができてないので汗が出ていない時は特に危険です。汗が出るのは、体温が上がり過ぎるのを防ごうとしている時なので、汗が出てきたら体温が上がってきているので、暑さ対策をしてこまめな水分補給をしていきましょう。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP