東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

今回は「台風と体調の関係性について」お話させていただきますね。台風は夏から秋にかけてよく出現しますが台風が近づくに連れて頭の痛みや気分の悪さなどを訴える方が多いです。中には気分が落ち込んだり、精神的にダメージを受ける方もおられます。
台風が来ると体調が悪い気がするのは気のせいではありません。台風の影響で気圧が下がってしまうので低気圧によるものです。気圧が下がると血管が膨張して血液の流れが悪くなります。血液は全身に栄養や酸素を運んでくれているので、血液の流れが悪くなることで全身に栄養や酸素を送れず脳内の酸素不足で頭の痛みや、お身体のだるさ疲労の回復ができにくいなど様々な悪さが出てしまいます。
また、血管が膨張することでストレスも感じやすくなり、自律神経に影響が出て夜眠りにくくなり睡眠不足になったりもします。
台風の時に体調不良になった時は血液の流れを良くするために筋肉の柔軟性をだしたり、背骨を真っすぐにすることで血液の流れは良くなり、お身体も回復しやすいです。ぬるま湯に長めに浸かるのも効果的です。当院でもお身体のメンテナンスやお身体でお悩みの利用者さんもたくさんおられますのでお気軽にご相談くださいね。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP