東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

この時期は台風がよく発生し、日本に来ることが多いです。最近では、台風の通り道と言われていた沖縄に行く前に、本州の方へ北上することが多くなり近日の台風は北上して西日本へ向かい、九州へと行くといったことがありましたね。

その台風にちなんだ身体の痛みについてお話させてもらいます。台風やゲリラ豪雨での急な気圧の変化で、頭が痛くなったり体調があまり優れなかったりするってことないですか?当院を利用している方の中にも台風が近づくと、頭が痛くなったり、身体全体がだるくなったりすることを訴える方が多いです。

その原因と言われているのが自律神経の乱れ。自律神経とは交感神経と副交感神経があり、交感神経は心拍数を上げて、身体を元気に活性化させる神経。副交感神経はその交感神経とは逆で、心拍数を下げて、身体をリラックスさせる神経です。その神経が乱れてしまうと、なかなか眠りづらかったり、やる気が無くなったりと身体の不調に繋がるのです。その自律神経の乱れは、気圧の変化でも起こります。実際、気圧の変化があると体はストレスを感じます。そのストレスを感じると自律神経が異常に反応し、身体の不調や頭が痛くなるといった症状に繋がるのです。

その対策としては、しっかりと運動をする事。今の時代は暑ければ冷房をかけ涼しくできますし、寒かったら暖房をかけて身体を冷やさないようにすることが出来るのです。それは、自律神経の活動を弱らせてしまい、自律神経の乱れに繋がってしまうのです。なので、ウォーキングしたり、体操などをしたりすることをオススメします。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP