東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

みなさんこんにちは神戸市東灘区にある岡本駅前整骨院です。今日は利用者さんのケースをお話していきます。
その方は10月の終わりくらいにひどく腰を痛めていられており、一度状態は回復したのですが、先日再びいらっしゃいました。以前の腰を痛められた時は右側の腰に緊張と負担があり、今回は、腰の負担は以前と比べるとほとんど取れていますが、右の臀部~大腿に緊張がみられました。前回痛められていた時は腰の痛みがあまりにも酷かったがゆえにその他の負担に気づけていなかったというのがご本人の認識で、今回はその名残の負担、もしくは、この太もも~臀部の緊張が増していくと腰まで筋肉の緊張が昇っていくのでは?と施術の現場の者としては捉えています。
冬場は気温の低下により筋肉の温度も下がり、その結果筋肉の緊張が連鎖していきます。利き腕があり、内臓の位置が左右非対称である以上重たさや使用頻度の違いから筋力のバランスが崩れることもありますし、その結果身体のクセが生まれていきます。このクセを適度な運動やストレッチで均整化しておくならば痛みを引き起こすようなことはまず起こりえないのですが、仕事内容で同一の姿勢が続く、PCでの作業に没入するなどでクセ固めのようになっている方が非常に多くなっているのが現状です。
緊張が出やすくクセ固めになりやすい冬場はお困りになる方も多くなりますし、お気軽にご相談くださいね。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP