東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

この前、冷房による身体の不調について詳しく話したと思います。簡単に言うと、夏では身体の熱がこもらないように体質が変わるので冷えやすいのと室内と室外とで温度差が変わるので自律神経が乱れやすくなると説明をしました。

その対策について今日は話させていただきます。まず、一つ目は血液の流れを良くしていくこと。その中でも、湯船に浸かったり、施術をしたりすることをおすすめします。まず、湯船に浸かることで身体の芯から温まりそのおかげで血液の流れも良くなるのです。さらに施術というのは、当院で行っている奥深い所の筋肉の施術です。他とは違い奥深い所の筋肉にアプローチをかけるので湯船と同じで身体の芯から血液の流れが良くなるのです。表面側だけになってしまうと施術されている時だけになってしまう事が多いので、当院では奥深い所の筋肉から施術をしています。さらに二つ目は冷たい物を食べすぎないこと。冷たいものというのは内臓(胃や腸)などを冷やしてしまいそこから血液自体も冷えてしまい、身体中に冷えた血液が巡ってしまうので身体の不調に繋がりやすくなります。

このように今年の夏も冷房で身体の不調が出ないようにしっかりとケアをしていく事が大事です。さらに、当院の施術をうけて身体の痛みも出ないように痛みが出ている人は痛みを良くしていくようにしていきましょう。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP