東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

最近、セミの鳴き声が元気よく朝から聞こえることが多くなりましたね。夏ももうそこまでやってきています。夏と言えば、スイカや花火などいろいろなことを思い浮かべることも多いと思いますが、私は冷房を思い浮かべることが多いです。その冷房のせいで、肩の痛みや首の痛みなど身体の痛みを訴える方も少なくありません。ましてや年々増えてきている気がします。皆さんも、経験があるのでないでしょうか?
では、なぜ人は冷房で身体の痛みを訴える事は多くなるのでしょうか?それは、身体の熱を逃がしたり溜め込んだりとすることで身体の体温調節を自ら行っているのです。夏になると、身体は暑さを乗り越える為に、体内の発熱を抑制しさらに熱が体内から出るような体質に変化します。毛細血管が放熱出来るように拡張し、身体の熱を逃がします。ですが、その体質に変わってしまうと冷房の中でも毛細血管が開いたままの状態になっているので熱は逃げ続け、身体の「冷え」に繋がるのです。さらに、外出での激しい温度差で自律神経のバランスが崩れてしまいます。自律神経は、体温調節と発熱をコントロールしているので、そのバランスが崩れると「冷え」に対しての抵抗力が弱くなってしまうので足腰の冷え、だるさ、肩や首の痛み、頭の痛み、不眠などの症状出るのです。
なので、今からの季節はしっかりとした対策が必要になるのです
その対策は、次の時にまたお話しますね。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP