東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

皆さんこんにちは。神戸市東灘区にある岡本駅前整骨院です。急に寒くなりましたね。
これにより、負担が増している方が大勢いらっしゃいます。用心してくださいね。
 暑い時期と比べるとまず時期的に汗をかかなくなります。汗をかかなくなると体の中の血液のろ過がほとんど腎臓に頼ることになり腎臓に疲労が溜まる人が多くいらっしゃいます。
この腎臓の負担というところが本日の重要なポイントになってきます。
腎臓は、腰の筋肉(大腰筋)と膜でつながっているために腎臓が疲労を持ち正常な位置がキープでき無いとだんだん下がります、これが腎臓下垂です。
腎臓下垂をおこすと、膜でつながっている背骨前面の筋肉が引っ張られて緊張して硬くなりますそれが大腰筋になります。前面の筋肉が硬くなると背骨の後面の筋肉もそれに吊られて硬くなります。それが腰方形筋です以上の結果、腰部に痛みが発生してしまいます。
腎臓に負担を溜めてしまう食べ物として
・甘いもの ・アルコール ・脂肪が多い食べ物 ・精製塩 ・ジュース類 ・菓子類
・刺激の強い香辛料
腎臓に良い食べ物は
・黒ごま ・黒豆 ・大豆 ・わかめ ・昆布 ・ひじき ・梅肉エキス 
などがあり、東洋医学でも腎を栄養するものとして黒いものが紹介されています。
腎臓に負担を溜めない為には血液中の水分量が大切になってきます。あまりに水分が少ないドロドロの血液だと腎臓でのろ過に負担がかかってしまい、結果腎臓に負担をかけてしまうことになります。
まとめると、冬場は汗をかかなくなることにより血液のろ過を汗に頼ることなく腎臓のみでおこなうことにより、結果腎臓に負担がかかってしまいます。それにより腎臓を包んでいる膜(ゲロータ膜)が緊張しお腹の中の大腰筋の緊張を誘発しその緊張から結果腰の筋肉が緊張してしまうのです。腎臓の負担を取るためには良いものを摂ってもらうのはもちろんですが、血液の水分量が多くなることでろ過の負担も減りますので是非、水分を多くとるように意識してみてください。
その中で更に負担が抜けにくい方はお気軽にご相談くださいね。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP