東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

今回は「冬に多くなる寝違え」についてお話させていただきますね。 朝起きた時に、首の痛みで起き上がる事が出来ない。手で頭を支えて起きても、歩くたびに首に痛みが出る。こんな経験をされた方は多いのではないでしょうか? 寝違えは急に起こりやすいですが、寝違えが起こるには原因があります!              多いパターンでは寒さで無意識にお身体に力が入り、疲労や負担が首や肩、背中に溜まって筋肉が硬くなります。その状態で長時間負担が掛かる姿勢で寝てしまい硬くなった筋肉にさらに負荷が掛かり首や肩、背中の筋繊維を痛めてしまい寝違えの痛みが出られることが多いです。 寝違えられた時は痛みが出ている場所を氷などで10分程冷やしてなるべく安静にしましょう。仕事や家事で力を使ったり、長時間同じ姿勢もあまり良くありません。極力安静にしましょう。また痛みが出ているところ以外の柔軟性を出すのも効果的で、首に痛みのない範囲でストレッチなどをすることで血液が流れやすくなり回復力も上がります。 寝違えは疲労や負担の溜まりすぎで起こりやすくなるので一週間に一回はリフレッシュできる時間を作ってあげてくださいね。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP