東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

皆さんはがに股や内股という言葉を聞いた事、話したことはありますか?自分が、がに股や内股で悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

 

今回はがに股や内股の身体に及ぼす影響と簡単な対策をお伝えしますね。先ず、がに股は背中が丸くなりやすく、前のめりの姿勢になりやすいので背中周りに負担を溜めやすいです。実際にやってみるとわかりやすいのですが、がに股になるとお尻の後ろでのでっぱりが無くなり背中が丸くなります。

 

内股の方は反り腰になりやすく、バランスを取るように首が前に出てしまうので首や腰に負担を溜めこみやすいです。こちらも実際やってみるとわかりやすいのですが、内股は背骨がバランスを崩しやすく、お尻が出っ張りやすく、そのでっぱりに合わせるように腰が反ります。

 

がに股も内股も身体にはいい影響は少ないです。簡単な良くなる方法もお伝えさせていただきます。がに股はつま先が外側に向きます。内股はつま先が内側に向きます。単純ですが、常につま先をある程度真っすぐに保つように心がけてみてください。一番下にある足のポジションが正しくなるとその上の身体は自然と正常な形に戻っていきますよ!

 

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP