東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」

7月の後半になり、ここ神戸でも異常なほど気温が上がりニュースでも熱中症で病院へと運ばれるというニュースを良く耳にします。なので、水分補給をしっかりしていきましょう。
また、暑くなってくると同時に冷たい物を良く口にすることが多くなっていると思います。その冷たい物を食べることが多くなってくる季節は、身体の痛みにも注意が必要です。なぜ気をつけなければいけないかと言いますと、内臓に関係があるのです。まず、食べたものは胃の中へ行き、腸に行きます。その中で、冷たい物を食べ続けてしまうとその胃や腸が冷えてしまい、そのそばを通っている血液が冷えてしまい、身体の冷えにも繋がるのです。そこで、内臓の周りにはもちろん筋肉がたくさんあるので、その筋肉も一緒に冷やしてしまい、腰が痛くなることがあるのです。また、冷房などで身体も冷やしがちになりますのでそれも腰の痛みに繋がります。こういう形で、この暑い季節だからこそ腰の痛みが出てきてしまうのです。なので、暑い季節でも週に1回湯船に浸かったり、足湯をしたりするだけでも血液の流れが良くなり、身体の冷えを少しでも良くしていけてると腰の痛みが出るのも少なくなります。みなさんも、時間ある時は意識してやってみてくださいね。

東灘区で整体なら「岡本駅前整骨院」 PAGETOP